顔にクリームを塗っている女性

傷跡が残らない

芝生の女性

 高齢者の重度の肌たるみを美容外科の治療で改善する場合には、皮膚にメスを入れる方法が最も適しています。最近は、レーザーや高周波をあててたるみを改善する方法が採用されるケースが増えてきましたが、たるみの症状があまりにも重い場合は、そのような方法ではほとんど改善効果を期待することができません。重度の肌たるみを改善するためには、やはり余分な皮膚を切除して縫い縮めてしまう方法が一番確実です。しかし、それほど症状が進んでいない場合には、メスを用いない方法でも十分に対処することができます。ここ数年注目を集めているのは、特殊な糸を用いて肌のリフトアップを図るフェザーリフトという治療方法です。フェザーリフトであれば肌に傷跡が残りませんし、溶ける糸が用いられますので、体内に異物が残る心配もありません。

 フェザーリフトで用いられる糸の表面には、毛羽立ち加工が施されています。この毛羽立ちをペグと呼ぶのですが、ペグでしっかりと皮膚を引っ掛けて、強い力でたるみを引き上げます。フェザーリフトの糸は術後1年位かけて体内に吸収されていきますが、糸の周辺部のコラーゲン生成が促進されますので、糸がなくなってしまった後もリフトアップ効果が持続します。ヒアルロン酸注射を打つ場合に比べると、リフトアップ効果が長く保たれるため、高い人気を呼んでいます。近年、このフェザーリフト用の糸の改良が進められています。従来は糸の片面に同方向のペグが作られているケースが大半だったのですが、逆方向に傾いたペグを作ったり、糸の両面にペグを作ったりすることによって、リフトアップ効果の向上が図られています。